アメリカ大陸横断チャレンジで、電気自動車のチームが「51時間47分」でゴール!

 
アメリカ大陸を東西に端から端まで、カリフォルニア州レドンドビーチを出発し、東海岸のニューヨークまで走破する時間を競う、通称「キャノンボール」。

挑戦したのは、EV(電気自動車)テスラ・モデルS 85Dを駆る2人の男性。
バッテリーの充電などを除いては一切どこにも立ち寄らずに、EVとして最速となる51時間47分というこの記録を達成。

ドライブの様子をすべて日付・時刻のタイムスタンプ付きでカメラに収め、最後にタイムラプスムービーを作成して公開しています。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA