LAで活躍中の日本人タップダンサー「TAKAMARU」


【米本学仁】
TAKAMARU (木場 貴丸)  
鹿児島県出身。
3才からバーバラ植村氏にTAPを習い始める。
中学時代、アメリカ(LA)へTAPを学びに行く。
その後、CMオーディションや海外公演「AI Love’s LA」に出演。2010年、熊谷和徳氏主催「TAPPERS RIOT」オーディションに合格、6DAYSの東京公演に出演。地元鹿児島では、中孝介、ユウサミイとの「チャリティーコンサートin宝山ホール」競演など、他にも様々なイベント、チャリティーライヴに参加。三味線やジャズバンド等とのコラボレーションなどTAP以外にもジャンル問わずストリート・ジャズ・コンテンポラリー・日本舞踊など様々な分野で自分のスタイルを確立。
2013年からNY・LAで再度TAPダンスのスキル、スタイルを学ぶため短期留学をしながら活動中。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA